青く紅い日々

オリックス・バファローズと日常

Ven!!Aarom!!

オリックス阪神を戦力外になったバルディリスを獲得しようとしているみたいですね。

外国人ですけど、26歳ということでまだまだ伸びしろもありますし、

なんと言っても2009ウエスタンの首位打者

イメージ 1

見ている限り、変化球もインコースも苦にしていないし、ホームランもヒットも打てる。

守備も安心できるし、肩も強い。

大化けの可能性大。


正直、オリックスに来て欲しいです。



バルディリスが入団すれば、

カブレラも同じベネズエラ人の弟分が出来て、一段とモチベーションも上がるでしょうし、

またポジション争いも熾烈を極めます。


ファーストにカブレラ、二遊間をゴッツ&ビッキーで固めるとしたら、

バルディリス、一輝、山崎浩、阿部、北川、ラロッカ?、塩崎etc....がサードを争うことになります。



バルさんは外野も行けるんでしたね!

岡田構想ではレフト岡田、センター坂口は固定される予感がするので、

小瀬、濱中、下山、大村、迎、由田、相川がライトを争うということに。

まぁ雰囲気的に濱中が使われそうな感じが・・・そらそうよ。



上記の通りバルディリスが入団することによってさらにチーム内争いは激化します!


阪神の若い選手達が、バルディリスのことを「バルさん」と呼んでいるのが印象的でした。

ゴキブリに強い、隅々まで効く♪方ではないですよ~(.. )oooooo~



そんなバルさんの個人的な思い出のシーン。

2009年5月2日 @あじさいスタジアム北神戸

2回表 

バルさんが左中間を抜く長打を放ち、2ベースコース。

しかし、1塁を回ったところで足を引きずり出し(今年のWBCでの横浜・村田選手みたいな感じで)

足を引きずりながら2塁へ。


もちろんトレーナーはバルさんの下へ駆け寄る。

それに対し、「大丈夫!来るな!俺はまだやれる!」的なジェスチャーを送るも、

即、ベンチに下げられ途中交代。
イメージ 2

そしてこの後、ベンチ内に思いっきりヘルメットを投げ込み、荒れていました。

2軍でも何としてでも試合に出たいという気持ちが伝わって、

それ以後、阪神の選手の中で一番注目していつも見ていました。


バルさん、熱い男なんです。

気性の荒さの方はタフィー長男とアレックス次男が飼いならしてくれるでしょう(笑)


Ven!!Aarom!!(来い!アーロム!)





2軍で頑張っていたけれど、戦力外になってしまった選手がもう一人。
イメージ 3

広島カープを戦力外になったベン・コズロースキー投手


幸運にも今季ウエスタンで2試合登板機会を見ることが出来ましたが、

2試合ともナイスピッチングをやられました。


由宇での試合ではノーアウト満塁のチャンスをゲッツー崩れの1点だけに抑えられました。

その時に見せた渾身のガッツポーズとさわやかな笑顔が忘れられません。

見事なクロスファイヤーやなと思ってたんですが、今年は1軍登板が1試合って・・・。

残念っす。


来年も2軍で一生懸命プレーする外国人選手達に注目していきます。