青く紅い日々

オリックス・バファローズと日常

叶えるべき、その先の夢へ。

交流戦が始まって6年目。初の栄冠まであと1勝。

もし仮に優勝できなくても、

選手達は本当によくやってくれたし、ファンを楽しませてくれたので何も悲観することはない。

・・・

でもせっかくここまで来たんやから、このチャンスをものにしてほしい。

『2位じゃダメなんでしょうか?』

ダメなんです!!
イメージ 1

2010日本生命セ・パ交流戦 最終戦

オリックス・バファローズ vs 横浜ベイスターズ

4回戦  @京セラドーム大阪




生憎の雨。傘の花が所狭しと咲いています。

11:20 雨、長蛇の列に予定より10分早く開門。
イメージ 2

いつも通り、ライト下段席が勢いよく埋まっていきます。

雰囲気はいつも通りのようないつもと違うような。


試合開始前に、まーぼさんと再会!

会うなり「ヒューバーがフィーバー」とか意味わからん言葉発してしまってすいません(笑)

もう言わないようにします^^;今回もお会いできて良かったです!

わざわざライトまで来て頂きありがとうございました!今後ともよろしくお願いします!


試合は昨日と同じような展開に。
イメージ 3

横浜に1点先制されるも、

カブレラのタイムリー、T-岡田の2ランですぐさま逆転!!

効率よく追加点、そして勝利の方程式。

これは強いチーム野球ですな。

あれだけ何もかもがダメな方向へ行っていたチームが・・・シンジラレナーイ。





ファンA「よっしゃー!もういける!○○や!」

ファンB「まだソレ言うたらあかん!」

ファンA「いつになったら言うてええねん!?」

ファンB「9回3アウト取ってからや!」


というファン同士のやり取りが非常に面白かったです。

神経質と言うか、

本当にオリックスファンはオリックス・バファローズというチームがどういうチームなのか、

過去にどういうことをやらかしてきたチームなのかをよく知っています。




ファンBの心配をよそにオリックス史上最強の勝利の方程式が試合をサクサク進める。

9回表 マウンドには岸田。

○○のプレッシャーから少してこずるも2アウト。
イメージ 4

歓喜の時まであと1アウト。
イメージ 5

今シーズン最大の「岸田」コール。

空振り三振~~!!



手が震えてブレまくってしまいましたが、

日高選手会長が天を指指し勝利を報告。
イメージ 6

オリックス 7-2 横浜



2010年交流戦 優勝したのは・・・



もう1回言いまひょか?


2010年セ・パ交流戦を制覇したのは・・・



日本生命」が抜けたのでもう1回言いまひょか?


2010日本生命セ・パ交流戦 栄えある優勝チームは!!!???
イメージ 7

オリックス・バファローズ!!!


バンザーイ!バンザーイ!バンザーイ!!


リーグ優勝ではないですけど、やっぱ頂点に立つって気持ちいいですね。
イメージ 8

今日のヒーローは14号2ランを放ったTさんとチームトップタイ6勝目を挙げた木佐貫

この2選手もよくチームを引っ張ってくれました!





表彰式。

トロフィー授与。
イメージ 9

岡田監督してやったりってな顔ですね。

賞金5000万!!
イメージ 10

やっぱりこういうのが慣れていないのか日高選手会長、表情が硬いですねー。


みんなで記念撮影。
イメージ 11

光尊、活躍したんやからもっと前行ったらええのに(笑)


イメージ 12

こっちはみんないい表情してますね。


表彰式が終了し、ライトスタンドへ挨拶。
イメージ 13

売り出し中の2人で賞金を山分け!?

いえいえ、全て宮内オーナーのポケットマネーになります。





「オレがMVPや!」と言わんばかりにトロフィーを掲げる小松。
イメージ 14

そのとーり(笑)あの巨人戦での粘投がなければこの優勝はなかったかもしれませんからね。




おめでとう!そしてありがとう!!
イメージ 15

みんなでこの喜びを分かち合えて最高ですし、忘れられない1日になりました。


これからはもっと過酷で厳しい戦いが待ち受けていますが、

このメンバーなら勝ち抜くことができる。と自分は思います。


秋には泣くほど喜べるように、今よりももっと選手達を後押ししていきたいですね!!
イメージ 16

ここからが本当に戦い。

叶えるべき、その先の夢への布石ができた2010.06.13