青く紅い日々

オリックス・バファローズと日常

存在と進化の証明

2022.06.22

 

1か月ぶりの京セラドーム。

久々に期日と圧力に迫られなくて良い休日。

 

1万字の課題レポートの一章に「中嶋聡から学ぶマネジメント力」

っていう章をねじ込んでやった。

「こいつ何を書いてるんや!?」って今頃先生が読んで驚愕していることでしょう。

それが評価されなくて、怒られてもそれで良い。

中嶋聡監督が今の時代に大きな功績を残してくれたことをわずかでも

知ってくれれば幸い。

オリックス・バファローズ  vs 福岡ソフトバンクホークス

11回戦 @京セラドーム大阪

 

5位と首位と平日ナイトゲーム

 

ノーマスクと大声出す人への注意は弱まっていた。

まだ弱めちゃいけないと思いますが。

 

開幕して3か月でノーヒッターが4投手も出るという新時代。

そのうちの1人。東浜巨 投手

好投手相手だけにこの一発は最高に盛り上がりました。

ラオウ・杉本裕太郎 3ランアーチ

 

ベンチもスタンドも拳を突き挙げた大きな先制点。

 

 

先発・田嶋大樹

広島以来の3週間ぶりの1軍マウンド。

時より声を出して腕を振る。

バックの好守備にも助けられ、

 

球数も順当にテンポ良く、

スコアボードに0を並べる。

精神統一は以前よりも多用せず。

 

9回表のマウンドへ向かう際の大きな拍手。

先発投手を後押しするあのシーンはいつも感動的。

 

1つのストライク、1つのアウトに大きな拍手。

素晴らしい空間を創り出してくれている。

 

温かい拍手の中、110球目!!

B 5-0 H

田嶋大樹 2年ぶりの無四球完封勝利!!

ジーンと来ました。本当にありがとう。おめでとう。

 

強い相手に立ち向かって捻じ伏せる姿は見ていて勇気をもらえました。

3打数3安打で好リードの若月健矢も存在を見せつけました。

周りへの感謝をいつも言葉にするタジ。

 

お立ち台の上ではいつも落ち着いて話すラオウ

ラオウにおかげでタジの最高の笑顔が弾ける。

存在と進化の証明。

戦う人たち(社会人)にとってしなければいけないこと。

それは周りの支えがあって初めてできること。

奮励努力

2022.06.04

広島滞在2日目

雰囲気はいつもすこぶる良い。連勝しているとさらに良い。

広島東洋カープ vs オリックス・バファローズ

2回戦 @MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島

両軍の18番にファンの注目が集まりました。

山本由伸 投手

 

森下暢仁 投手

カープファンが着ているユニフォームの背番号、18番が多いこと。

老若男女、全ての層に愛されている投手。

 

そんな人気選手からラオウの一閃。

5号ソロ。赤いスタンドから悲鳴も上がりました。

ビジターパフォーマンスを見上げて昇天ポーズ!

 

 

太鼓の音頭と手拍子だけでもこれだけの熱気が作られる熱き街・広島。

 

緊張感漂う、手に汗握る1点を巡る攻防。

 

7回ウラ 

イムリーエラーをして肩を落とす野口智哉。

 

ビジパフォのファンはその瞬間頭を抱えましたが、

すぐにガンバレの温かい拍手が起こる。

素晴らしい免疫力と前を向く姿勢は健在。

山本由伸もすぐに「2アウトやぞ」と野口くんに合図を送る。

自身の勝ち投手の権利が消えても、フォローを怠らない。

それこそが人間的にも最高の投手。

 

8回表

ルーキーのエラーが決勝点になってはいけないと、

そうはさせないと、繋いで、

3番吉田正尚

セカンドゴロ。一塁明らかなセーフでしたが、アウト判定。

リクエスト制度がなければと思うとゾッとします。

これで同点。色々な負けが消えました。

 

 

 

迎えるバッターは 

この日2三振 1ゲッツーの T-岡田

長く休んでいた分、チームとファンを救って欲しいと願って、

逆転タイムリーヒット!!

これはさすがに沸きました。

感覚的には今年1番スタンドが沸いた気がする。

 

お膳立ては代走・小田裕也の果敢な盗塁。これが本当に大きかった。

しれっとさりげなく役割を果たす男。頼もしい。

 

勝利投手の権利が復活して、

T-岡田を出迎える山本由伸。

 

 

ここもポイントだった。

本田仁海の自作自演劇場。

無死2.3塁のピンチから三者連続三振!

色々覚悟したけど、信じることで、よく言う寿命が縮まるという表現。

 

9回ウラ

平野佳寿

 

ついに、あの神られた試合、以来6年ぶりにマツダスタジアムでの

セーブシュチエーションでの登板。

あの時と同じように1発出れば逆転サヨナラという場面に、

過去の記憶と恐怖が襲ってくる。

そこにいたのは、6年前よりも歳を重ねても、進化した守護神!

C  2-3 B

広島の街はいつも鍛錬の時。

様々な物と戦っている。

ミスをカバーし合って、ベテランが打って、エースに勝ちを付け、

守護神が締める。ナイスゲームでした。

 

T-岡田のヒーローインタビューを見つめる

竜太郎コーチ、杉本裕太郎、山本由伸

やっぱりT-岡田が打って勝つとさらに嬉しいですけど、

まだまだこれからも頑張ってもらいましょう。

青く紅い日々は15周年を迎えました。

その瞬間を研修合宿の地で迎えました。

ヤクルト戦も、阪神戦も観戦できなかったのが残念です。

プロ野球に感謝。

それを色付ける、球場、チーム、ファンの方々にも感謝です。

「奮励努力」

この言葉はこれからの自分にとってしなければいけないこと。

そうしないと這い上がれない。

不屈の復活劇

2022.06.03

いつもこの街に来ると、祈りを捧げます。

広島東洋カープ vs オリックス・バファローズ

1回戦 MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島

 

3年ぶりの広島。

神られた呪縛を解いてから対カープ9連勝してても、

ここに来ればその記憶が鮮明に蘇ります。

そのマスクは人間では使用できませんわ。

 

帰ってきた吉田正尚

相変わらずシャツイン、歯が白い、

やっぱり居てくれるだけで心強い。

 

 

久々のライアン・マクブルーム選手

舞洲で特大弾を放ってから、気づいたらカープの4番に君臨。

 

 

横浜でバット頭部直撃からの復活。

 

不死身の伏見寅威 今季第1号が広島で出た!

逆転2ランに笑顔弾けます。

 

 

 

守備妨害で生還した野口智哉

この1点も大きかった。

 

広島初参上のジョー・マッカーシーのヒットで、

中川圭太、好走塁で大きな追加点。

 

 

マッカーシーとマクブルーム。

2人共素晴らしいお人柄です。

 

先発・田嶋大樹

明らかに調子悪い感じでしたが、

粘って粘って、

最後は気持ちで凌ぐ!

 

話題の代打・山﨑福也

オリックスファンから歓声が上がり、その後ザワザワしてました。

 

 

K-鈴木ー阿部翔太ー黒木優太ー近藤大亮

中継ぎ陣が凌いで繋いで

凌いで繋いで、

赤き街で熱き漢の熱投!

C 1-4 B

3年ぶりの復活セーブ!本当に良く戻って来てくれました。

 

予想以上に多かったオリックスファンが沸いた広島初日。

 

ヒーローは伏見寅威!!

音声流してもらえないですけど、良い表情。

 

ファンの心配を他所に好守でチームの勝利に導きました。

 

最高の夜をありがとう!!

その屈しない心がチームとファンをいつも奮い立たせてくれます。

 

不撓不屈の努力と精神力。今一番欲しい物。

EntranceとExit

2022.05.22 @京セラドーム大阪

Mr.Children 30th Anniversary Tour  半世紀へのエントランス

 

3年ぶりにミスチルライブに参戦!


マスク着用、声出しも出来ない中でも

自身過去一番ステージに近い席、5万人の手拍子、

説明不要の4人の音と演出に終始圧倒された最高の時間。

リーグ優勝、小田裕也のバスター、日本シリーズのサヨナラ勝ちを経験した

この場所でのライブはいつもとは違う感慨深さを感じました。

 


2022.05.27

平穏が戻ったいつもの京セラドーム。

オリックス・バファローズ vs 中日ドラゴンズ

 


ステージに立ってポーズを決めるメンバーの5人

(木内九二生 岩下健吾 山本貴則 津川力 中嶋聡 立浪和義)

 


京セラドーム初登場のジョー・マッカーシー

マッカーシー」と聞くと、「マッカーサー」ではなく、

ベネディクト・マッカーシー」を思い出しました。

サッカー南アフリカ共和国代表のストライカーですね。

 


三ツ俣大樹 内野手 プロ12年目 30歳

オリックスを離れて8年経っても温かい拍手が1塁側からも起こる。

2安打1打点 


ファインプレーも魅せ

かつての本拠地で躍動!(ほとんど神戸サブでしか見ていませんが)

翌日の試合も殊勲の活躍。

 

ミッツの誕生日はMr.Chirdrenデビューの翌日!

この日の活躍は必然だったということか。

立浪監督の元で長いトンネルから抜けようとしている。

 

 

 


9回ウラ2アウト

ファンのアンコールに応えて登場したジョー・マッカーサー

オリ姫に送る素晴らしい一打でした。

 

B 1-4 D

まだまだジャパニーズドリームを掴む為の

エントランスに立ったまでに過ぎない。

世界がまだ見ぬ

川のせせらぎ、鳥のさえずりが聞こえ、

新緑が映え、

澄んだ青空、穏やかな街並みが解放的な空間を創る。

北海道北広島市

それらに癒されながら、歩いていると

突如として、現れる。

ES CON FIELD HOKKIDO (エスコンフィールド北海道)

建設中ですが、その規模の大きさと迫力に度肝を抜かれました。

 

新球場で輝く若き闘士たち

 

 

 

 

北海道の果てしなく広がる澄んだ青空色のユニフォームは

新球場に本当によく合うと思います。

急ピッチで進む作業。

多くの人の尽力と汗と熱意が新球場を作っています。

世界がまだ見ぬボールパーク

世界が驚くまで

あと

 

負荷の大任

2022.05.18

オリックス・バファローズ vs 北海道日本ハムファイターズ

10回戦 @ほっともっとフィールド神戸

前日顔面に死球を受け鼻骨骨折を負った野村佑希選手が出場。

 

スタメン発表時、第一打席で名前がコールされると、

球場全体を大きな拍手を包む。

危険球を美談にしてはいけませんが、これがスポーツの素晴らしさ。

 

そして、いつものようにしっかり打たれる。

不撓の力の持ち主。

 

先週走られまくったジェイコブ・ワゲスパック

セットがちょっとだけ改善されたような気がする

中嶋監督が送り込んだのは強肩・若月健矢

2度盗塁を刺し、

イムリーも放つ。さすが強肩強打の捕手。

福田周平

 

宗佑磨

3連打で一気に同点。非常に盛り上がりました神戸。

 

しかし、この日の主役はBIG BOSSが期待する若手たち。

清宮幸太郎 選手  勝ち越しタイムリ

 

万波中正 選手

2本塁打を含む3安打5打点の大暴れ

清宮、野村、万波 のクリーンアップには浪漫があり夢がある。

近い将来パ・リーグ最強のクリーンアップになるんじゃないかと思ってます。

先週札幌に行った時も、将来を見据えてファンが温かく応援している感じがしました。

 

今季初の二桁失点、7点ビハインド、21時を過ぎる、やや肌寒い、

多くのオリックスファンが席を立つ。

残ったファンは敵味方関係なく、良いプレーには拍手を送る。

ファールボールが飛ぶと、歓声を上げて取りに行く子供たち(危ないですけど)

 

通算799試合目の登板は生まれ育った兵庫県で。

宮西尚生 投手

 

ついに出た!杉谷拳士 選手 今季初安打!

これにはオリックスファンも沸いていました。

 

9回ウラ

悩めるラオウ・杉本裕太郎のフェンス直撃2ベース

久々のマルチ。これで良い方向へ行って欲しい。

 

札幌ー神戸 私の対日ハム4連戦 グランドフィナーレ

満を持して、最後の最後で

 

代打・山足達也

皆が待ち望んだ復帰後初打席。

 

初球打ちーーーー!!

角度的に火星まで飛んだか!?

 

ギリギリ地球内に収まりセカンドフライ。

B 4-11 F

吉田輝星投手 プロ2勝目

1071日ぶりって、それはまたこの球場が生んだメモリアル。

試合数は少ないですけど、これからも色々メモリアルが刻まれますように。

連日の2万人超え。京セラドームとは異なる盛り上がり、雰囲気が

この球場にはあります。昔から変わらない。

走り回っていた子供たちが大人になった時も、

この球場でオリックスの試合がやっていれば良いなとは思います。

ファイターズの若手選手が躍動する一方で、

無安打でエラーを犯して懲罰交代させられた紅林弘太郎

今と未来は任せてある。

中嶋監督とファンの期待を一身に背負う20歳。

この壁も乗り越えてくれると信じていますが、

でもやっぱり、チーム内に競い合える相手がいた方が良い。

神戸メモリアルトリオ

2022.05.17

オリックス・バファローズ vs 北海道日本ハムファイターズ

9回戦 @ほっともっとフィールド神戸

マウンドの土の色が変わっていました。

2022年、神戸開幕戦。

平日のナイターゲームとは思えないほど、開門前から長蛇の入場列が伸びていました。

この球場での試合を楽しみにしていたファン、

優待券を手にした神戸市民が席を埋める。

 

 

BIG BOSSが出てくると大歓声。

お目当てに球場に来られた方も多かったと思います。

 

ファイターズとの火曜日の再戦。

山岡泰輔 vs 加藤貴之

札幌から神戸へ場所を変えマッチアップ。

 

 

野村佑希選手への危険球。

2万人の熱気が一転して静寂へ。

野村選手が無事であることを願っております。

 

 

阿部翔太がマウンドへ。

全く準備していなかった状態からの緊急登板。

気持ちをすぐに入れて、前面に出す。

降板時の神戸のファンの大拍手はヒーロー級に大きなものでした。

 

3番手・近藤大亮

 

2投手が気迫でチームを窮地から救う

 

4番手・本田仁海

 

惚れ惚れするノビのある真っすぐは球団最速タイの158kmを記録。

 

 

7回ウラ

中川圭太の打球はセンターオーバー

先制のタイムリー3ベースを放ちガッツポーズ!

 

ケガから復帰の代打・佐野皓大も続く。

 

8回

ジェシー・ビドル 神戸初降臨

 

追加点となるタイムリーを放ち拳を突き挙げる西野真弘

 

好機で1本が出た低打率打線、アクシデントから粘って凌いだ投手陣。

 

神戸の熱気にも乗せられて全員で掴んだ1勝。

B 3-0 F

中嶋監督の采配も光りました。

 

またこの球場で生まれたメモリアル。

入団5年目 本田仁海 プロ初勝利!!

 

10日間でプロ初ホールド、初セーブ、初勝利を記録するという離れ業!!

 

「真面目だけど元気がなくて細い子」が苦境を乗り越え、ついにやりました。

土屋恵三郎監督、由田慎太郎スカウトも喜んでいることでしょう。

この球場でプロ初本塁打を放った中川圭太、佐野皓大とのスリーショット。

神戸メモリアルトリオ。

昨年の日本シリーズ終戦が終わってから、

またこの場所に来ることを楽しみに日々を過ごしていました。

あの舞台を体験して、さらにこの場所への憧れが強くなった気がします。